ワンダーボックスって効果ある?STEAM教育領域の評判とは!?

ワンダーボックス 効果

 

STEAM教育領域の新しい形の通信教育サービス、ワンダーボックス

 

自宅で気軽に学習できるとあって、とても人気で検討されている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この記事は・・・
  • 自宅でできる習い事を探している!
  • ワンダーボックスって効果あるの?
  • ワンダーボックスを利用している人たちの口コミ評判は?

こんな方におすすめです。

 

お家時間が長くなっている今、できるなら時間を有効に使いたいと思いますよね。

 

もしあなたも、お子さんの家にいる時間を有効に使いたい、自宅で気軽に学習させたいとお考えなら、ワンダーボックスを利用することで解決できるかもしれません。

 

ここでは、ワンダーボックスの効果や特徴、評判などについて紹介しています。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

▼公式サイトはこちら▼

 

 

ワンダーボックスのうれしい特徴、効果とは

 

ワンダーボックス 効果

 

毎月届くキットと、専用アプリを組み合わせて学ぶワンダーボックス。

 

教材の多くが、最終的には正解のない、自由な創作に行き着くように設計されているとのこと。

 

子どもの意欲を引き出し、感性と思考力を育てることを目的としているということで、子供を持つ親としてはぜひ学ばせていきたいものです。

 

そんなワンダーボックスが掲げている3つの新しさが

 

  • 注目のSTEAM教育分野

    アメリカから広がった概念で、今注目を集めているSTEAM教育を導入

  • デジタルとアナログのハイブリッド

    現実世界とデジタル世界を組み合わせた、その世界でしか体験できないわくわく

  • 教育のプロチームの経験や知見を凝縮

    教育コンテンツ制作のプロチーム「ワンダーラボ」によって制作され、思考力育成アプリ「シンクシンク」から厳選した教材も多数収録

 

といったもの。

 

この3つの新しさで、未来のための感性や思考力がバランスよく育つということです。

 

今までいろんな通信教育を受けたけど続かなかった、飽きてしまったといった子供たちにも体験させてみたい内容となっていますね。

 

ワンダーボックスの口コミ評判

 

ワンダーボックス 口コミ評判

 

ワンダーボックスで、実際に学んでいる親御さんたちの評判を見てみました。

 

率直に言うと、今注目のSTEAM教育分野ということで、楽しく学習に取り組んでいるという声がとても多いです。

 

実際に利用している方の評価はとても高いようですよ。

 

学校の勉強とは違くて、楽しく学ぶことができます。
難しい問題にも、諦めないで何回も挑戦しています。
(男の子)

 

楽しみながら学ぶことができます。
普段の生活にも変化が出てきました。
(女の子)

 

子供の興味をたくさん引き出してくれます。
たくさん失敗しながら、学んでくれればと思います。
(男の子)

 

学ぶことが楽しいと思ってくれるようになりました。
ワンダーボックスをとても気に入っています。
(女の子)

 

想像力を養うことができると思います。
たくさんの教材があり、とても満足しています。
(男の子)

 

こういった内容の口コミがたくさんありました。

 

やはり楽しみながら取り組んでくれるといった印象が強いですね。

 

全体的に見ても、利用している方のほとんどが満足のいく評価をしていました。

 

自宅で気軽に学習できるというのも、人気の秘密なのかもしれませんね。

 

もしあなたも自宅で気軽に学習させたいとお考えなら、ワンダーボックスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

時間を有効利用することによって、お子さんにとってきっと満足のいく結果を得られることと思いますよ。

 

▼公式サイトはこちら▼

 

ワンダーボックスの利用や金額について

 

ワンダーボックスの利用料金について確認しておきましょう。

 

料金については、公式サイトに記載されたものになります。

 

基本的な料金体系はこのようになっています。

 

12カ月一括 3,700円/月(税込)
6カ月一括 4,000円/月(税込)
月々払い 4,200円/月(税込)

 

12カ月一括払いの場合だと、月々3,700円(税込)ということになります。

 

学年が上がっても、お値段が変わることはありませんよ。

 

ある程度継続していくことを考えているなら、年払いが一番お得になりますね。

 

また兄弟追加の場合は、1人追加ごとに1,850円/月(税込)となっています。

 

兄弟で申し込み

 

兄弟であれば、ほぼ半額で申し込めるというのはうれしいですね。

 

教材に関しては共有するものもありますが、アプリに関してはそれぞれにユーザー付与がつきます。

 

なので、一人一つずつのデータでプレイできるので安心ですよ。

 

ワンダーボックスの申し込みとキャンペーンについて

 

続いてワンダーボックスの申し込み方法について紹介します。

 

割引になるお友達紹介キャンペーンなどもありますので、チェックしてみてくださいね。

 

申し込み方法といっても特に難しいことはありません。

 

順番に見てみると、

 

  1. ワンダーボックスの公式サイトから、「お申し込みボタン」を押す

    ワンダーボックス 資料請求

     

  2. 手続き画面でメールアドレスを入力し、「同意のうえ、手続きを開始」ボタンを押す

    ワンダーボックス 手続き

    入力したメールアドレスは、ワンダーボックスにログインするときのお客様IDとして使用します。
    返信メールが届きますので、メールに記載されたURLにアクセスし手続きを続けます。

  3.  

  4. 申し込みページで、契約者や受講者(お子さま)の情報、お届け先などの必要情報を入力

    併せて兄弟の追加も可能です。

  5.  

  6. 開始月を選択できるときは選択してから、支払いプランを選びましょう

    お友達紹介コードなどある場合はチェックを入れてコードを入力します。

  7.  

  8. クレジットカード情報を入力し、内容を確認して申し込み完了

 

といった流れになります。

 

流れに沿って入力していくだけなので、つまずくことはないと思います。

 

またお友達紹介コードについてですが、紹介で入会した方には、12ヶ月一括払いの場合に限り初年度5%オフの割引が適用されるというもの。

 

お友達紹介キャンペーン

 

紹介した方にもAmazonギフト券1000円分がいただけるキャンペーンなので、コードをお持ちの方は利用するといいと思います。

 

ただ、支払いプランや利用期間などで注意事項があるので、公式サイトでしっかり確認しておきましょうね。

 

申込みに関しては難しいことはなく、簡単に申し込むことができます。

 

サポート体制もしっかりしているので安心ですよ。

 

お子さんの学習で、自宅でも学ぶ環境が欲しい、自由な創作力を育ててあげたいとお考えなら、ぜひワンダーボックスを始めてみてはいかがでしょうか。

 

楽しく取り組むことによって、きっと学ぶチカラそのものが育っていきますよ。

 

▼公式サイトはこちら▼

 

ワンダーボックスについてよくある質問

 

最後に、ワンダーボックスでよくある質問についてまとめてみました。

 

疑問に思うことなどがあったら、参考にしてみてくださいね。

 

1日どれぐらいやればいいの?

特に決まってはいないですが、目安として、例えば毎日10分〜15分程度で毎月の一通りの教材を楽しむことができます。

 

アプリということで、やりすぎてしまわないか心配

アプリには、時間制限機能を設けてあるので安心です。

 

学校の勉強などに効果はある?

相乗効果に期待できます。
実際にシンクタンクが、結果としてIQや学力を伸ばしたことが証明されています。

 

キットはいつ頃届きますか?

申し込み日によって到着日は異なります。
配送状況を確認できるようになっています。
2ヶ月目以降は、前月月末日までに届くようになります。

 

アプリは複数の端末でも使える?

複数端末でも利用することは可能です。

 

支払方法は?

現時点ではクレジットカード決済のみになっています。

 

解約したい場合は?

最短受講期間は2ヶ月で、3ヶ月目以降の解約は会員ページより簡単に行えます。

 

一括支払いでしたが途中解約でも大丈夫?

受講月数に応じて計算し直し、返金されます。

 

公式サイトには、様々なQ&Aが載っていますので、分からないことや疑問に思うことなどがあったら確認してみてくださいね。

 

ワンダーボックスで楽しく自由な学びを!

 

ワンダーボックス 使い方

 

ここまで、ワンダーボックスの内容について紹介してきました。

 

申し込み自体は特に難しいことはなく、スムーズに進めることができると思います。

 

またサポート体制もしっかりしているので、安心して取り組むことができると思いますよ。

 

おうち時間が増えた今だからこそ、時間も有効に使っていきたいものですね。

 

もしお子さんに、自宅で学ばせたい、感性や思考力を育てたいとお考えなら、ぜひワンダーボックスを始めてみてくださいね。

 

きっと自分から学び、自由で豊かな創作力を育むことができるようになりますよ。

 

▼公式サイトはこちら▼

 

 

page top